キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 墓地の相続にもやっぱり登録免許税はかかる? : お墓解明アシスト

墓地の相続にもやっぱり登録免許税はかかる?

不動産を相続するとかかる登録免許税。やっぱり墓地を相続した場合にも登録免許税がかかるのでしょうか?

墓地の相続にもやっぱり登録免許税はかかる?

相続の問題はけっこう複雑なところが多いですよね。

たとえば、不動産を相続すると、一般的には相続税と登録免許税がかかります。

相続税の場合には、遺産が基礎控除額以下の場合は関係ありませんが、

登録免許税は必ず課税されます。

このことから、お墓を相続すると不動産と同じように登録免許税がかかるのでは?と心配になる人もけっこういます。

お墓が建っている墓地も立派な土地ですから、同じように考えるのも無理はありません。

しかし、墓地に関しては税金はかかりません。

不動産のように登録免許税がかかることはないのです。

墓地は非課税であるため、相続をしたからといっていくらか税金を納めなければいけないというのはありません。

墓地を継ぐ祭祀継承者は、遺言書にて指定されているか、もしくは親族内で相談して決めることになりますが、祭祀継承者に決まったら、その後は所有権の名義変更をするだけで大丈夫です。

不動産を相続した際には、けっこう登録免許税がかかるし、そもそも登録免許税があることを知らない人にとっては「また税金を払わなければいけない」と負担になるようなので、

墓地も一緒に継承した場合、墓地を継承したことにまつわる税金について不安に思う人も多いのですが、心配はいりません。

墓地を継承したら、所有権だけ変更し、後は祭祀継承者として、

きっちりとお墓の面倒を見ていくのが仕事です。

ただ、相続にまつわる税金の話とは別になりますが、寺院の檀家になっている場合には、

所有権を変更した際にいくらか支払わなくてはいけない場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加